GINZA SAKAEYA と Arithmer 共同開発によりAI 採寸アプリ「BODY SCAN」のサービスをスタート


熟練の職人が仮縫付フルオーダーでスーツを提供


株式会社サカエヤ(代表:原 俊行、以下「SAKAEYA」)と Arithmer 株式会社(代表取締役社長:大田佳宏、以下「Arithmer」)は、AI採寸アプリ『BODY SCAN』のサービスを開始いたしました。これにより、今まで2回以上の来店が必要だった“仮縫付フルオーダー”が仮縫い時の来店1回のみで実現できるようになります。


関東エリア以外に居住されている方、海外にお住いの方も『BODY SCAN』を活用する事で、1度のご来店で効率良くご注文頂く事が可能です。コロナ禍での接触回数を減らしながらも、熟練の職人技術を取り入れたクオリティの高いフルオーダーメイドをご提供させていただきます。



GINZA SAKAEYA『BODY SCAN』



AI採寸アプリ『BODY SCAN』の使い方


普段着のままスマートフォンで2枚の画像を撮影し、年齢・身長・体重データを入力するだけで、肩幅や胴回りなど、仮縫付フルオーダーに必要なデータが素早くわかります。この身体データを基に仮縫用スーツを作り、後日、仮縫いのためにご来店いただいた際にマスターテーラーにより身体のクセやシルエットを正す体型補正を加え、完成となります。



AI採寸に人間の手仕事を加える事で、完璧なフィッティングを実現


科学が飛躍的に進化し、AI採寸アプリを導入する企業も多く見受けられるようになりました。しかしながら、身体データを完璧な数値として弾き出すことができても、一人ひとりの着心地、サイズに対する好み、身体のクセを数値として反映することは難しいです。つまり、オーダースーツは個々の体型によって細かな差異が発生する為、お客様の好みや身体のクセを職人の手で補うことで完璧なスーツが完成するのです。


SAKAEYAでは、革新的なAI採寸アプリを採用しながらも、職人による視点と技術を融合させる事で今までと変わらないクオリティの高い“仮縫付フルオーダー”をお楽しみいただくことができます。


開発背景


コロナ禍での接触回数(対面販売)を減らしつつ、世界水準の“仮縫付フルオーダー”をご体感いただくため、AI採寸アプリ『BODY SCAN』の開発を行いました。“仮縫付フルオーダー”は、初回に採寸するための来店、そして後日、仮縫いをするための来店と、計2回以上の来店が必須でしたが、AI採寸アプリ『BODY SCAN』を使用する事で、初回の採寸来店を省略できます。

これまでSAKAEYAが課題としていた計2回以上の来店を1回に減らし、お客様の好みと体型補正を加えた“仮縫付フルオーダー”をご提供する事が可能となりました。



AIを活用したデジタルサービスに関する両社のコメント


<株式会社サカエヤ>

コロナ渦でDXがうたわれ、AIの重要性がいたる所で語られていますが、既存のシステムで提案された採寸値で作るスーツを本当のオーダーメイドスーツと呼ぶには少々早いかもしれません。現時点でのAIは人間を超えることができず、まだまだ職人による手仕事や勘、センスというものが必要不可欠だと感じています。正確な採寸値を導き出すことはこれからの課題でありますが、それとて着る方の癖をも、AIが汲み取ることは現代科学ではまだ不可能と言って過言ではありません。

人の手を加えない商品をオーダーメイドと呼ぶべきではない。着る人と作り手の会話がないオーダーメイドなどあり得ない。私はこの信念で商売を継続しています。

よって、仮縫いという半製品の状態でご試着いただき、着る方の身体にフィットしていることを確認するのは当然として、その人の癖を正した着心地になっているのかを確認する工程、これを仮縫いと呼びますが、この工程が絶対に必要となるわけです。

DXが進化することは受け入れたいと思っていますが、DX一辺倒ではなく、人間の感性やセンスを取り入れ、今回の取り組みを通じてArithmer様のデジタルとGINZA SAKAEYAのアナログの融合を目指していく事がこれからの時代のモノづくりの根幹思想にあるべきだと考えています。


株式会社サカエヤ 代表取締役 原 俊行