完全自動運転による「スマート農業」などの実現を目指すEV実証事業に参画しました


数学で社会課題解決に貢献しているArithmer株式会社(東京都港区、代表取締役社長:大田佳宏、以下Arithmer)は、トラクターなどの農機の完全自動運転による「スマート農業」や、ゴルフカートや物流サービスにおける完全自動運転などへの転用を視野に入れ、準天長衛星システム「みちびき」を利用した電気自動車(EV)の完全自動運転の実証事業に参画しました。


本実証事業では、Arithmer独自の「AIルート最適化技術」が採用されております。

本技術を用いることで、高精度の3D地図と衛星の測位情報から最適なルートを選定することが可能となるため、従来のシステムよりも精密で誤差のないEVの自動運転が可能となります。


なお、本実証事業は、Arithmerの他、福島工業専門学校(福島県いわき市)の芥川一則教授の研究室、車両運行制御を担当する株式会社エイブル(福島大熊町)と株式会社村上商会(東京都目黒区)、地図データ作製を担当する株式会社大和田測量設計(福島県広野町)と共同で進めており、2022年度以降の実用化を目指しております。


また、本実証事業は、内閣府 宇宙開発戦略推進事務局の2021年度実証事業に採択されています。


以下の画像をクリック頂ければ記事が閲覧できますのでぜひご覧ください

2022年2月4日付 日刊工業新聞


日刊工業新聞:衛星活用で完全自動運転、日本農業を救うか

https://newswitch.jp/p/30735


福島民報新聞社:GPS活用、実証実験(2022年2月6日付)


2022年2月7日付 福島民友新聞社


福島民友新聞社:農機を完全自動運転 福島高専が実験、スマート農業の実現目指す

https://www.minyu-net.com/news/news/FM20220207-683862.php