日本テレビにて運転支援AIシステムが取り上げられました



危険をあらかじめ予測することでAIが自動車事故を未然に防ぐことが期待されている


7月18日(土)に放送された「日テレNEWS24」にて、運転支援AIシステムが取り上げられました。 物流会社にとって安全は何よりも重要です。これまで運送会社は安全運行を最重要課題とし、交通事故抑止の取り組みを行ってきました。そのなかでArithmerはトラックの運行データをもとにAIが道路状況の分析や後側方障害物の検知を行うシステムを開発しました。弊社代表は「これまで自動運転のために創られてきた画像解析技術が、現在の運転事故を抑止するために使用できると考えています。」と述べています。 運転支援AIシステムはAIによる動画解析機能を駆使して開発された技術です。カメラを使用した画像解析はレーダーと違い相互干渉がなくノイズが少ないため、正確な測定が可能となり、安全性を向上させることができます。これにより障害物の判定精度が高まり、この技術を自動運転へと発展させることができます。サイドカメラの死角検知と前方カメラの人物検知により、音声と運転席モニターが危険を通知します。これまでの安全装備と違い、物体が人なのか、車やバイク・自転車なのかを識別することが可能です。さらにながら運転、居眠り運転、信号無視などを検知することもできます。 このAIシステムは車の走行中に発生した危険な状況や違反行為をすぐに検知し、オンラインで情報共有することができます。そしてAIがそれを学習し、危険を警告することで事故を未然に抑止すると期待されています。現在、急速に運転支援システムを装着した自動車が広がりつつあり、アラートの効果が検出されやすくなっています。将来的には、危険エリアを予知し、事前にアラートを流すことが可能となり、それにより交通事故を極端に減らすことができると考えています。弊社はAIを活用することで、交通事故を未然に抑止し、AIによる安全安心な社会システムの実現を目指しています。 日本テレビ | 日テレNEWS24 https://www.news24.jp/

最新ニュース