週刊『AERA』において弊社代表が「東大発”数学ベンチャー”驚異の技術力」として特集されました。


週刊『AERA』2020 年 3 月 16 日 発売号 表紙 ※発行元の掲載許可を得ております。

表紙画像使用 承諾番号 20-1058 朝日新聞出版に無断で転載することを禁止されています。



あらゆる科学技術の基礎である数学を用い応用し問いや仮説を立ててデータを集め、それを読み解く力が仕事に活かせたり、

課題解決に用いるような論理的思考が養われる見方の紹介


週刊『AERA』2020年3月16日発売号の巻頭特集「入試でも仕事でも数学は捨てるな」にて、弊社代表大田が取り上げられました。 本記事では、Arithmerが開発した、三井住友海上火災保険株式会社様との共同プロジェクトである、ドローン撮影による画像データからAIが浸水高を算定し、保険金支払いを大幅に短縮する技術や、スマホで体の前後左右4枚の写真を撮影するだけでテーラーの勘までをも再現する株式会社コナカ様との共同開発サービス等を紹介しています。 本記事はAERA編集部による綿密な取材によって、技術利用のメリットや開発秘話を詳しく掘り下げた内容となっています。 その他、本特集では、AIやデジタル技術の活用による質の高いビジネスソリューションを提供するために、高度数学を駆使するニーズが金融・保険・総合商社などで急拡大しており、反して「先端IT人材」の人手不足が深刻化していることに警鐘を鳴らしつつ、大学等において数学教育が大きく変わろうとしている現在の状況をクローズアップしています。 「数学ができないために、自分がやりたかったテーマで研究ができない学生がいる」「受験の時に文理を分けるといった狭め方をすることで、教養の基礎になる部分がどんどん抜け落ちていく」といった考えを掲載しています。 巻頭特集「入試でも仕事でも 数学は捨てるな」では、あらゆる科学技術の基礎である数学を応用することで、問いや仮説を立ててデータを集め、それを読み解く力が仕事に活かせる、ということや、数学を学ぶことで課題解決に用いるような論理的思考が養われる、という見方を紹介しています。 また弊社が紹介されている記事は下記『AERA dot.』のリンク「東大発”数学ベンチャー”驚異の技術力」にてご覧いただけます。 AERA dot. 「東大発“数学ベンチャー”驚異の技術力」 https://dot.asahi.com/aera/2020031900099.html?page=1


週刊『AERA』2020年3月16日 発売 [巻頭特集] 「入試でも仕事でも 数学は捨てるな」 https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=21811 ※発行元にリンク掲載許可を得ております。