2020年1月1日の中部経済新聞 朝刊 1面に Arithmerが掲載されました。


※発行元の掲載許可を得ております。


名古屋におけるAIを活用したソリューションサービスの研究・開発を行い、B2Bにビジネス展開


Arithmerが2020年1月1日の中部経済新聞 朝刊 1面に取り上げられました。本記事は2020年を「中部スタートアップ元年」と称し、2019年に相次いだ名古屋の支援拠点の開設やイノベーション創出事例を中心に紹介しております。

とりわけ、空飛ぶ車やロボット、医療、AIの各分野において注目企業が存在感を出すなか、東京のベンチャー企業の名古屋進出の一例としてArithmerがピックアップされ、豊田通商との資本業務提携を機に2019年11月、「なごのキャンパス」にオフィスを構えたことを記載しています。

本紙面は中部経済新聞の元旦号を飾る特別企画として「中部スタートアップ」をフィーチャーし、「自動車業界が100年に1度の変革期を迎えるなど産業界は大きな転換を迫られている。こうした中、(中略)ベンチャー企業を支援する動きが中部で活発化し始めている」と記し、新進企業のバイタリティーを取材する意図が感じられます。またArithmerの名古屋オフィスがある「なごのキャンパス」が3面に特集されており、「なごのキャンパス」開設の背景や目的、現在の状況について、「なごのキャンパス」の運営主体であり、トヨタグループの不動産企業である東和不動産社長、鵜飼 正男氏のインタビュー記事を掲載しています。 Arithmerはこれから先も、名古屋におけるAIを活用したソリューションサービスの研究・開発を行い、B2Bにビジネス展開をしていきます。



2020年1月1日付 中部経済新聞(朝刊) 1面

※発行元の掲載許可を得ております。


関連ニュース: 中部経済新聞 「新たな一歩 空飛ぶ車テークオフ (上) イノベーション 名古屋から創出 注目企 業が存在感」 https://www.chukei-news.co.jp/news/2020/01/01/OK0002001010101_01/ なごのキャンパス 公式ウェブサイト https://nagono-campus.jp/

*発行元にリンク掲載許可を得ております。

最新ニュース