日本経済新聞社「NEXTユニコーン調査」AI分野4位にランクインしました。


※発行元の掲載許可を得ております。


未上場のスタートアップの企業価値ランキングを発表する、日本経済新聞社の2019年「NEXTユニコーン」にArithmerがAI分野で4位、総合では40位にランクインしました。

AI は2019年の「NEXTユニコーン調査」で企業価値が最も高かった分野であり、AIが幅広い産業においてイノベーションの中心的役割を果たしており分野の成長が続いていると、しています。今回の「NEXTユニコーン調査」において、AIは2019年11月4日付の誌面「AI企業の価値 7割増」に取り上げられ、記事内ではArithmerが以下の文面で紹介されています。

「(総合ランキング)40位のアリスマーは(企業価値が前回の)3倍の160億円。東京大学大学院特任教授の数学者、大田佳宏氏が16年に創業した。数学や物理の博士号を持つ技術者が全体の2割を占め、画像認識に強い」

2019年の「NEXTユニコーン調査」では、技術革新や成長に対する期待から、大手企業による出資がAI業界に集中している、としています。

以下に記事を掲載致しますのでご一読下さい。

※上記の黒い囲み線の部分はArithmerについての記載箇所です。 ※発行元の掲載許可を得ております。


日本経済新聞:「AI企業の価値 7割増」

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO51605490Q9A031C1FFR000/

タグ:

最新ニュース