そごう徳島店の閉店に関する弊社代表の見解が徳島新聞に掲載されました。


※発行元の掲載許可を得ております。


徳島新聞2019年11月4日付で弊社代表大田の取材記事「県都の顔づくり そごう後を考える」が掲載されました。長年、徳島駅前ランドマークであった、そごう徳島店が2020年8月末、閉店することに対し高い関心が寄せられている中、弊社社長の見解が記載されています。 そごう徳島店跡地の利用に関し、今後、複合型オフィスとして大手企業、商業施設、ホテルなどを内設するファシリティとしてはどうか、と提案しております。またオフィスビルに最新のAI技術を組み込むことで、地域経済ならではの共同開発拠点となる可能性について述べています。




※発行元の掲載許可を得ております。


徳島新聞: 「県都の顔づくり そごう後を考える Arithmer社長・大田佳宏さん オフィスビル建設を」

https://www.topics.or.jp/articles/-/279455


最新ニュース