arithmer_logo_blue1_28.png

​ AI技術×シミュレーションで

シミュレーションを行うには、知識や膨大な試行回数が必要になり、結果が出るまで数ヶ月を要することがあります。防災テックではこれら課題を解決し、活用場面を広げていきます。

r3.png

圧倒的に速い
解析時間を実現

​防災テック

こんなお悩みありませんか?

flash.png

シミュレーションを扱える人が属人化している

NLPアイコン_03.png

専門知識やシミュレーションの取り扱い、結果の解釈など様々な知識が必要で、シミュレーションを実施できる人材が属人化していませんか?

flash.png

シミュレーションの

計算コストが高い

NLPアイコン_03.png

シミュレーションを実施する際には多くのパラメーターを入力することがあります。そのため、計算コストをかけておりませんか?

flash.png

大量のデータ

シミュレーションが必要

NLPアイコン_03.png

シミュレーション結果を得るために大量のデータ、大量の試行回数が必要になっており、結果出力まで膨大な時間を要していませんか?

これらの課題は防災テックで解決できます

防災テックの特長

浸水アイコン_05.png

パラメーター推定にAIを活用することで属人化の排除 

計測された実測値を元にパラメーター推定をAIで実施するため、属人化を解消することが可能です。

浸水アイコン_07.png

AI×シミュレーションで

計算コストの大幅削減

計測されたデータがあれば、あとはAI技術とシミュレーションにお任せすることで、結果の取得が可能となります。

浸水アイコン_03.png

少ないデータ、試行回数で解析を実現

指定されたエリアのいくつかの計測されて少ないデータを入力とすることが可能となり、データの準備の省力化に寄与できます。

防災テックは様々なインフラに応用できます

まずは、お気軽にご相談ください

防災テック活用事例

浸水被害予測・推定  / ガス拡散元同定 / 炭素排出量の見える化など、

数少ないデータでも様々なインフラのシミュレーションに活用できます。

少ないインプットデータ/ パラメーターで結果を得ることが可能

・従来とは異なる高度数学を用いた手法を採用しているため、解析時間の高速化を実現

・インプットデータがあれば、発生前に予測を行うことが可能

insアイコン_105.png
サムネイル浸水_01.jpg

※画像はイメージです

河川氾濫前の浸水高予測

河川氾濫の発生前に、気象データなどから〇時間後に河川氾濫が起こる可能性を予測し、防災・減災にお役立てていただいております。

INPUT

・気象データ

・観測データ

・地形データ

水害前

浸水高予測

AIシステム

OUTPUT

指定された地域の

・浸水高情報

・浸水エリア情報

河川氾濫後の浸水被害推定

河川氾濫発生後の水害状況を把握し、保険金支払いの迅速化などにお役立ていただけます。

​​シュミレーションイメージはこちら(熊本県人吉市球磨川の氾濫活用事例)

INPUT

・実測された浸水高情報地形データ

水害後

浸水高予測AIシステム

OUTPUT

指定された地域の

・浸水高情報

・浸水エリア情報

※画像はイメージです

サムネイル浸水.jpg

※画像はイメージです

ガス拡散元同定AIシステム

ガス漏れが発生した際にいち早くガスが漏れている元を推定する際にお役立ていただけます。

INPUT

・可視化された

   ガス漏れの画像

・気象条件

・設計図

AIシステム

ガス拡散元同定AIシステム

OUTPUT

ガス拡散元の指定結果

炭素排出量の見える化

計算コストが高かったシミュレーション負荷を高度数学を用いて軽減し、炭素排出量を計測します。

INPUT

・地図情報

・環境情報

・気象情報

・電力消費情報

AIシステム

高度数学を用いた炭素排出量算出アルゴリズム

OUTPUT

指定された地域の炭素排出量の可視化

befor.jpg

※画像はイメージです

導入事例

msad2.jpg

三井住友海上火災保険株式会社様

浸水シミュレーションにより保険金支払いのリードタイムを最大1/5短縮可能に

2020年6月に発生した熊本県人吉市球磨川の氾濫にご活用。被害のあった地域の実測値を測定し、迅速に浸水高を推定し算出広大なエリアを数時間で数センチ単位で計測可能に。保険金支払いに活用。特許取得済み

画像.jpg

※画像はイメージです

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ様

別府市とNTTデータのまちづくり推進のための連携協定締結においてAIシミュレーション技術を提供

水害発生前に浸水高予測を可能にする「浸水予測AI技術」の開発にNTTデータと共に取り組むことで、市民の早い段階での避難を促進するサービスの提供に貢献致します。

メディア掲載実績

防災テックは、独自の技術で社会課題を解決する事から様々なメディアに取り上げられました。

NHKニュース「おはよう日本」/ テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」/ TBSテレビ「あさチャン!」/ テレビ朝日「ANN NEWS」/ 日経BP/ 週刊『AERA』日本経済新聞 / 朝日新聞 日経産業新聞/ 徳島新聞 / 四国放送 / ニュートン別冊 など

防災テックは様々なインフラに応用できます

まずは、お気軽にご相談ください

導入までの流れ

お問合せ/​ヒアリング

貴社の目的や課題感についてヒアリングします。(WEB会議 or ご訪問)

information.png

ご提案

ヒアリングした内容を基にアプローチ方法をご提案致します。

3d-printing-(1).png

ご契約

合意したご提案内容を基に、契約を行います

flag.png

構築開始

構築を行う、要件定義から開始致します。

​ AI技術×シミュレーションで

圧倒的に速い解析時間を

浸水01.jpg

​浸水被害予測・推定

活用例:自治体・保険会社など

smoke1.jpg

ガス拡散元同定

活用例:大規模なインフラ施設

smoke.jpg

炭素排出量見える化

活用例:工場など

防災テックは様々なインフラに応用できます

まずは、お気軽にご相談ください