日経BPにて浸水予測AIシステムが特集されました



ドローンで地形を撮影し3D化した地形を元に浸水高を予測するテクノロジー


日経BP内のメディアである日経クロステックおよび日経コンピュータ誌上にてArithmerの浸水予測AIシステムと損害保険に関する特集が掲載されました。

全国的に甚大な被害をもたらした令和2年7月豪雨など、近年大規模な自然災害が多発していますが、このような水害が生活圏内で発生した場合、どのように対処すればよいのか、大きな関心が寄せられています。現在、大規模災害への対策として、損害査定に最先端AI技術を導入することで、損害保険会社は飛躍的な発展を遂げています。浸水予測AIシステムは、上空からドローンで地形を撮影し、コンピュータ上に高性能な3次元の地図を再現し、浸水高を予測するテクノロジーです。この技術を活用すれば、水害が発生した際、顧客の家一軒一軒に対し、どの程度浸水するかをcm(センチメートル)単位で事前に把握することができます。

日経クロステック:「三井住友海上が東大発ベンチャーとタッグ、災害時の最悪ケースに備えるAI査定とは」

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01392/081700003/

日経コンピュータ:特集『ロボット共生社会』(2020年10月1日号)

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/mag/nc/18/NC_backnumber/20201001/

日経コンピュータ:「大災害にAIで備える 損保4社の保険金DX」

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/mag/nc/18/020600014/092400072/

最新ニュース