Home > ソリューション > Arithmer R3

r3.png

3D Modeling
Technology

3次元ビッグデータを圧倒的に扱いやすく高度数学を駆使した実数3次元モデリング

r3.png

高度数学に基づいた3Dモデリングアパレル業界で利用されている自動採寸から防災のための流体シミュレーションまでその応用範囲は多岐にわたります

災害予測

自動採寸

Arithmer R3では、高度数学を駆使した実数3次元モデリング技術を利用しています。人体、口腔内、商品、地形などの3Dビッグデータから次元削減を行い、比較的少数のパラメータを持つ3Dモデルを構築することが可能です。

たとえば、人体の画像採寸による洋服のオーダーメードや、水害時の保険金支払いの迅速化に大きく貢献する流体予測、マグロの柵から決まった大きさ・重さの刺し身を切り出すロボットの「眼」など、アパレル、製造業、食品業界、保険業界などで幅広く応用されています。

 

流体予測システム

Arithmer R3の「流体予測システム」は水害時の保険料支払いの迅速化に大きく貢献しています。3次元の地形データと数点の水深の計測値から、未計測地点の水深を高精度で予測します。

insアイコン_75.png

水害時の被害状況確認に多くの人員を投入する必要がなく、

保険金支払いの迅速化に貢献

水災による被害状況を広範囲で把握、罹災証明発行の時間を大幅に短縮することが可能。広範囲の水深を高精度で予測できます。

insアイコン_33.png

高精度の3Dハザードマップで

防災意識の向上。

​水害の被害者数を削減

最新の地形・建物から予測した建物単位の詳細な3Dハザードマップを作成することで防災に対する意識を高め、水災による被害者数を削減することに貢献。

Case study

msad2.jpg

​×

arithmer_logo_blue_20.png

水害における浸水被害を短時間で予測する「浸水予測システム」

近年大規模な自然災害が多発していますが、このような水害が生活圏内で発生した場合、どのように対処すればよいのか、大きな関心が寄せられています。大規模災害への一つの対策として、損害査定に最先端技術を導入し、損害査定人員の削減、保険金支払いの迅速化に大きく貢献しています。

Input

【R3】_06.png

3D地形メッシュデータ

(ドローン・衛星データ)

【R3】_09.png

水深計測データ

arithmer_logo_blue_22.png
insアイコン_05.png

Output

ocr03-02_03.png

自治体が提供する

ハザードマップ

ocr03-02_06.png

水深がわかる詳細な

​ハザードマップ

【R3】_06.png

AIによる水深予測値[m]

ocr03-02_05.png

3Dマップによる

シュミレーション

メディア掲載実績

NHKニュース「おはよう日本」/ テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」/ TBSテレビ「あさチャン!」/

テレビ朝日「ANN NEWS」/ 日経BP/ 週刊『AERA』/ 日本経済新聞 / 朝日新聞 日経産業新聞/ 徳島新聞 / 四国放送 / ニュートン別冊 など

3次元自動採寸システム

Arithmer R3の「自動採寸システム」は高度数学を駆使し、オーダーメード衣服の利用拡大に貢献しています。

insアイコン_26.png

採寸者・店舗が不要。

世界中のお客様に

ビジネス展開が可能

世界中のお客様がオーダーメードの衣服をECサイトで購入可能。

r3修正01_16.png

自宅にいながら高精度の

フィッティングを実現し、

利便性・顧客満足が向上

スマートフォンに入力した身体データ及び、撮影画像を用いることで、自宅にいながら精度の高いフィッティングを実現。

Input

スマホで採寸データを取得

r3修正01_16.png
arithmer_logo_blue_22.png

属性データのみをもちいる

insアイコン_69.png
insアイコン_94.png

画像と属性データ​(機械学習方式)

insアイコン_29.png

画像と属性データ​(3Dモデリング方式)

Output

採寸結果

r3修正01_18.png
insアイコン_46.png

特許番号:6579353・6531273・6593830

Arithmerの3次元自動採寸は、特許を取得しています

画像と属性データを使用(3Dモデリング方式)画像と属性データを使用(機械学習方式) 

Case Study

r_No323-2-600x600.png

​×

arithmer_logo_blue_20.png

株式会社コナカ様のオーダースーツブランドDIFFERENCE(ディファレンス)と弊社が共同で開発した『AIを活用した画像採寸アプリ』

オーダースーツだけでなく、ネクタイやベルトなどその他8つのアイテムも同時に採寸することが可能になります。式会社コナカはオーダースーツブランド「DIFFERENCE」によりAI画像採寸サービスをスタートさせ、現在では主力ブランドである「SUIT SELECT」で技術の活用を拡大しています。

img1.jpg
K-315-604x302.png
 

ガス拡散源予測

プラントなどの設備を抱える企業において、ガスなどの有害物質の拡散による事故を起こしてしまった場合の社会的な影響は甚大です。ArithmerR3では、水害時の浸水高予測の技術を生かして、「漏洩位置推定」や「拡散範囲予測」といった技術をご提案しています。

拡散.png

濃度拡散

シミュレーションを実施

定常時に建物の影響を考慮した3D流体シミュレーションを実施し、外部気流を入力として濃度拡散シミュレーションを実施します

拡散1.png

速度・濃度分布から

漏洩位置を推定

特殊カメラでガスの漏洩速度が取得できる場合には、ある時刻の速度・濃度分布から漏洩位置を推定します(取得できない場合も風速計などから情報を取得して推定します)

拡散3.png

流体解析、AIを用いり拡散範囲予測に

拡散範囲予測については、流体解析を用いる方法、AIを用いる方法の大きく2種類をご用意しており、適切な手法をご提案いたします