Home > プロジェクト > 日本気象協会様

日本気象協会様 × Arithmer

AI技術を活用し道路の管理業務を効率・高度化へ貢献。

台風や低気圧による越波の自動巡回・監視に。

download.png

​×

arithmer_logo_blue_20.png

従来の課題

海岸沿いの道路では、台風や低気圧の接近や通過によって発生する越波によって、車両の走行が危険な状態になることがあります。

このため、道路管理者は越波の発生を速やかに検知し、巡回・監視の強化および、通行規制などの対策をとる必要がありますが、監視員が現地で目視による道路管理は監視員が被災するリスクを抱えています。安全・安心な走行環境を確保しつつ、監視員や監視車両の安全性を高めるうえで、越波監視の効率化や高度化が強く求められてきました。また、従来の越波検知アルゴリズムは、基準線の設定など、場所によって個別に細かく複雑な設定が必要だった為、設置の為の工数がボトルネックとなっていました。

Arithmerによる解決

Input

屋外インフラの安全確認

arithmer_logo_blue_03.png

Output

屋外インフラ 異常気象/物体検知⇒安全性確保

高度数学を用いた画像解析技術により、事前設定が不要な

越波検出アルゴリズム開発。日本気象協会様と共同出願へ

今回、共同で特許出願したアルゴリズムを用いることで、監視カメラ映像から越波の有無をAIで自動判別し、越波が発生した際にアラートを発信する等の対応が可能となります。これはAIならではのセグメンテーションの技術を応用したもので、従来必要だった事前設定のプロセスが0になります。

これにより、属人化されていた設定作業から解放され、ボトルネックが解消されました。結果として、道路管理者は安全な場所から越波を監視し、越波対策の効率化や高度化に繋げることが可能となります。日本気象協会様とArithmerは、今回、共同出願した技術を活用した「越波監視サービス」の開発や提供を通して、道路管理者の一層の安全性確保と負担軽減に貢献していきます。