Arithmerを人事の目線から紹介



自己紹介

 

はじめまして。Arithmer人事チームの布施と申します。

私は2019年の4月にこの会社に入社しました。

管理部門では3番目に古参の社員になります。



これまで私は全ての社員と採用面接から接点を持ち採用後も社員が活躍できるように業務に取り組んできました。

本日は社員とのコミュニケーションの中で感じたものをエッセンスとして加えながら人事目線でArithmerを紹介したいと思います。


Arithmerで働くということ

 

半年ほど前に「Arithmerで働く価値はどこにあるのか」というテーマで社員の声を集めたことがあります。

最も多い回答は「【能力開発】自分の能力を高めることができる」というものでした。

私達は社員同士が情報を共有しお互いに高め合うことを基本行動としています。


当社には数学や物理学で学位を取得した研究者や最先端の技術を取り扱ってきた実務家が多く在籍しています。

そういった様々な経験を持つ社員と議論を重ねていくことが個々の成長につながり会社としてのシナジーが生まれていくと考えています。


「数学を強みとした会社でチャレンジしたい」

また、採用面接では志望動機をお伺いしています。

応募者の方の回答としては「優秀なエンジニアのいる環境で働きたい」「最先端のAI技術に携わりたい」「数学を強みとした会社でチャレンジしたい」というものが多い印象です。

このように、これまでの経験に満足せず、ご自身の更なる成長の機会を求めて当社を志望していただけることは大変うれしく思っています。


これまで当社は、中途採用として入社する社員が多い会社でした。