多国籍チームビルディング


CTOの佐藤です。

この記事では多国籍のメンバーからなるチームを作り上げる取り組みについて書こうと思います。


背景

 

Arithmerで働いているエンジニアは日本人が一番多いですが、他の国から来たエンジニアも数多く います。 何人か例を挙げると、

  • フランスから東工大に留学、そのままAIベンチャーに就職後、弊社に転職

  • トルコから来日し東大に入学、新卒で弊社に入社

  • 韓国から来日し弊社に転職

などです。

何故弊社はコミュニケーションコストが上がる事を承知の上で、わざわざ外国人を採用しているので しょうか? diversityを確保するためとか、将来の国際的な事業展開を見すえて、などのやや「高尚な」理由を思いつかれる方もいるかもしれません。

一方で、私の考えはもっと「単純」で、誰でも理解できるようなものです。


単に、日本人エンジニアだけを雇う事にすると、開発を進める上で必要な人数を採用できるとは思えないからです。


ITエンジニアの現在の採用市場は完全に売り手市場であり、今後10年以内に状況が劇的に変わると考える根拠は全くありません。

高度なAIの研究開発ができる人材に限ると、さらに状況は売り手側に有利となります。

このような状況下では、より優秀な人材をグローバルに探すのが良いと考えます。



IT 人材需給に関する調査 - 調査報告書 より抜粋



チームビルディング

 

生産性の高いエンジニアのチームを作るためには、エンジニアを何人か雇って納期・スコープなどの目標を与えればそれで良しというわけではありません。 各人のスキル・バックグラウンド・仕事を進めるに当たっての考え方などはバラバラなため、何の前準備もせずにいきなり共同作業をさせると当然うまく行きません。 良くて各人が全く別々に作業をして無駄が発生する、悪いとお互いの能力に不信感を抱く・仕事が進まずフラストレーションが溜まる、などの状況が発生します。


チームがこのような状況に陥らず、高い生産性を出せるためにマネージャーが行うべき努力がチー ムビルディングと言えます。

チームビルディングというのはただでさえ簡単なものではありませんが、 メンバーが多国籍の場合、日本人だけのチームでは必要のない配慮も行う必要があります。



チームビルディングのためにやっていること

 

朝会の言語を日本語と英語で毎日切り替える


エンジニアのチームでは、リモートワークという事もありまして、毎日朝会を行って開発の進捗状況共有・雑談を行っています。


日本人だけのチームでは当然日本語で朝会を進めていますが、日本語があまり得意ではない外国人がいるチームでは、日本語と英語を一日毎に切り替えて行っていま