社会課題解決ソリューションのご紹介~ファッションレコメンド編~



~はじめに~


時代の変化とともに経済産業構造や人々の価値観も変化しており、市場動向に即したソリューションの適用が求められております。

Arithmerは企業ミッションとして「数学で社会課題を解決し、世界に希望を」を掲げており、社会課題に対して高度技術を活用したソリューションをご提供しておりますので、当社の取り組みをお伝えいたします。



~今回のテーマ~


「大量生産」「大量消費」「大量廃棄」の社会経済システムの問題点

近年、「大量生産」「大量消費」による「大量廃棄」が社会問題になっています。

中でもファッション産業は、生産にかかるエネルギー使用量やライフサイクルの短さから、環境負荷が大きい産業として指摘されており、国際的な課題となっております。


課題の原因はいくつか考えられますが、

まずはファストファッションの台頭があげられます。

流行を取り入れながら、短いサイクルで回される衣服ですが、消費者は気軽に流行を追うことが出来るようになったことで数回しか着ていない服が廃棄されることとなります。


また、多様化した消費者の嗜好に合わせて様々なブランドが登場し、それぞれのブランドが「売り切れリスク」を回避するために一定量の衣服を生産することで、結果として売れ残り、廃棄量が増加していることもあげられます。

日本国内だけでも1年間で約100万トンの衣服が廃棄されていると言われています。


また、低価格化が進むことで、アパレル企業間の競争が激化し、コストを下げるために大量生産しなければならず、その結果、余剰在庫が増加することにもつながっています。

日本国内においては年間約28億点の衣服が生産され、約14億点が余っているとも言われています。


そして、衣服の原材料調達から生産工程において大量の水が消費されているとともにCO2の排出量も多く、かつ大量の衣服の廃棄もまた環境に負荷を与えていることから、消費者と企業が一緒に取り組めるアクションが求められています。



Arithmerの「ファッションレコメンド」で解決出来ることは?

当社のファッションレコメンドシステムでは、「自動採寸AIシステム」と「AI Coordinate レコメンド」をご提供しています。


「自動採寸AIシステム」を活用することで、従来は大量に生産していた衣類を顧客のオーダー毎に生産することができ、余剰在庫を削減するとともに、顧客の体型にフィットした衣類を生産することで、顧客はより長い期間衣類を楽しむことが出来ます。


また、従来オーダーメイド製品は店頭で採寸をしてもらうことが必要でしたが、「自動採寸AIシステム」を活用することで、場所を問わず採寸し、その場で発注することも出来ます。


さらに、「AI Coordinate レコメンド」と組み合わせることで、顧客の属性に応じたトレンドとパーソナルプロファイル情報を用いたレコメンド情報を提供し、より顧客の好みと体型に合った衣類をオーダー毎に生産することが出来ます。