化学およびプロセス産業用プラントの総合展示会「INCHEM TOKYO 2021」に参加しました



こんにちは、営業推進部の木村です。


今回のブログでは、11 月 17 日(水)~19 日(金)に東京ビッグサイトで行われた「INCHEM TOKYO 2021」での開催レポートをお届けします。


9月の緊急事態宣言解除後、オフラインでの展示会も増えてきているようですね!私自身も 展示会への来場は久々でしたので、あの頃の社会見学のような気分だったのはここだけの 話‥‥笑


『INCHEM TOKYO』とは?


1966 年から続く化学およびプロセス産業用プラントの総合展示会

化学装置・機器・各種システムから材料素材開発、環境・エネルギー、水処理、防爆・防災 など、 工場・プラント操業の課題解決のための製品・技術・サービスが幅広く出展される 総合展示会です。


販路拡大やオープンイノベーションによる技術開発促進、そして産・官・学の交流連携によ り、化学関連産業および産業の振興に寄与することを目的としています。

(INCHEM TOKYO HP より引用 https://www.jma.or.jp/INCHEM/)


歴史ある展示会に当社も出展させて頂くことが出来、ありがたい限りです。

2021 年の展示会統一テーマが「DX と低炭素技術が拓くイノベーション」ということで、 産業プラントの設計・建設・保守、プロセス機器の技術系企業が多く出展されていまし た。


出展ブースのご紹介


当社は NBK マーケティング株式会社様、LiLz 株式会社様、株式会社日本デジタルツイン 研究所様の協力会社として、IoT カメラを用いた目視点検システムをご紹介しました。