なぜArithmerが社会課題解決に挑戦できるのか?



初めまして。

Arithmerから第一号Blogをお届けします。


いきなりですが、社会課題とは何か?

地球温暖化、線状降水帯による局所的な豪雨、南海トラフ地震、超高齢化社会、

地方地域の過疎化、都市部への機能集中、出生率、食物自給率、

etcと様々なものがあると思います。


「これらの問題はどんな原因で、何を改善することで、何を解決すればいいのか?」

と聞かれた場合、これだ!!というものはなかなか出てこないと思っております。

そんな中、なぜArithmerは「社会課題を解決し、世界に希望を」と掲げているか。


それは、当社が「高度数学を活用し、現象を形式化することを可能にする!」こと挑戦しているからだと私は考えています。


数学は、AIやビックデータ解析、情報工学の原点となる学問で、「数学はあらゆるものを説明可能にする」とも言われております。(諸説ございます)


数学に精通した人材を、代表取締役大田を中心に多く抱えていること、また物理学で学位を取得した人材を抱えることにより、形式科学と自然科学の両面からアプローチできるのが、Arithmerのみにしかできないことだと感じております。


さらに重要な点は、課題に対して真摯に、実直に、あらゆる角度から立ち向かっていく姿勢ではなかと思っています。


私たちは、あらゆる課題をどのような手段を使って、それは人なのか、ITなのか、AIなのか、ハードウェアなのか、まで考えながら、私たちが持っている技術で解決の糸口が見える課題はこれだ!と仮説を立てて、挑戦していく志を持っています。


また近年、トレンドでもあるDX(デジタルトランスフォーメーション)がありますが、まさに高度数学を応用することやAI技術を活用することも含まれており、私たちもDXの一部をご支援できる企業と考えております。


その一例が、防災テックです。