アメリカ物理学会の『Physical Review D』にArithmer社員の共著論文が掲載されました。


アメリカ物理学会『Physical Review D』にArithmerのEnrico Rinaldi博士の共著論文が掲載


アメリカ物理学会(American Physical Society: APS)の『Physical Review D』にArithmerのEnrico Rinaldi博士の共著論文が掲載されました。アメリカ物理学会は世界有数の物理学会であり、『Physical Review D』は最先端の素粒子、場の量子論、重力、宇宙論におけるオープンアクセス論文を数多く提供しています。Rinaldi博士は、『Near-conformal dynamics in a chirally broken system』および『Stealth dark matter confinement transition and gravitational waves』の二つの論文において共著させていただきました。 The American Physical Society (APS) | アメリカ物理学会 Near-conformal dynamics in a chirally broken system Thomas Appelquist, Richard C. Brower, Kimmy K. Cushman, George T. Fleming, Andrew D. Gasbarro, Anna Hasenfratz, Xiao-Yong Jin, Ethan T. Neil, James C. Osborn, Claudio Rebbi, Enrico Rinaldi, David Schaich, Pavlos Vranas, and Oliver Witzel (Lattice Strong Dynamics Collaboration) Physical Review D 103, 014504 Published 5 January 2021 https://journals.aps.org/prd/abstract/10.1103/PhysRevD.103.014504 Stealth dark matter confinement transition and gravitational waves R. C. Brower, K. Cushman, G. T. Fleming, A. Gasbarro, A. Hasenfratz, X. Y. Jin, G. D. Kribs, E. T. Neil, J. C. Osborn, C. Rebbi, E. Rinaldi, D. Schaich, P. Vranas, and O. Witzel (Lattice Strong Dynamics Collaboration) Phys. Rev. D 103, 014505 Published 6 January 2021 https://journals.aps.org/prd/abstract/10.1103/PhysRevD.103.014505 ※クリエイティブコモンズに基づき、著作権者の表示等のライセンスを継承させた上で頒布を認められています。 Arithmer株式会社 R3開発室 課長 Enrico Rinaldi博士 エジンバラ大学 理論物理学(Ph.D.)。計算物理学の研究者としてアメリカや日本などの国立研究所でこれまで働き、70以上の論文を国際学術誌に発表。2019年、ディープラーニングの実世界への応用に従事するためArithmerへ入社。


タグ:

最新ニュース