ACL2020論文紹介


本資料は2020年08月21日に社内共有資料として展開していたものを

WEBページ向けにリニューアルした内容になります。



■目次と内容

 

目次

  1. Dialogue State Trackingタスクの評価方法について

  2. Transferable Multi-Domain State Generator for Task-Oriented Dialogue Systems, 2019

  3. SAS: Dialogue State Tracking via Slot Attention and Slot Information Sharing, 2020

  4. A Contextual Hierarchical Attention Network with Adaptive Objective for Dialogue State Tracking, 2020


内容

  • 最新の対話システム(特にタスク指向)研究について発表

  • 事前に関連技術に関しての知識がない方でも分かりやすいように説明多め

  • 最近のモデルのスタンダードになっているACL2019の論文1本,ACL2020の論文を2本紹介



■Dialogue State Trackingタスクの評価方法

 

Task-Oriented Dialogueの例

最終的な目標が存在する対話



Task-oriented dialogueにおけるPipeline手法[1]



Dialogue State Tracking (DST)

対話をする上で記憶すべき単語を抜き出すするタスク



MultiDomain Wizard-of-Oz dataset (MultiWO